記事の詳細

故人の遺品は相続するか相続破棄するか選ぶ事ができますが、相続放棄をした場合は遺品整理できないので注意が必要ですよ。

もし、相続放棄したのに遺品整理してしまったら、相続放棄が認められなくなる事が考えられますので、トラブルを避けたいのであれば慎重に行動しましょう。

相続放棄もして遺品整理もしたいのであれば、遺品整理を行う前に相続に詳しい専門家に相談しておくと良いでしょう。

相続放棄は相続発覚後3ヶ月以内に決めなければなりませんが、マイナスの財産だけでなくプラスの財産まで相続できなくなってしまうため、よく考えてから判断する事が大切ですよ。

写真や手紙などの思い出の品なら、相続放棄後も形見分けできる可能性はありますが、高価な遺品は相続できませんので注意しましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る